痔の種類「痔瘻」

痔の種類には、「いぼ痔」「切痔」そして、「痔瘻(じろう)」というものがあります。

 

ここでは、痔瘻について説明します。

 

 

いぼ痔や切れ痔などと比べると、知名度が高くない病名ですが、

 

これも立派な痔の一種です。

 

 

 

・痔瘻の症状

 

痔瘻とは、肛門周辺に穴のような患部ができ、

 

そこから膿や血が出るという痔の症状です。

 

 

この穴のような患部ができることから、穴痔や蓮痔とも言われます。

 

 

排泄時や運動時、着席時に痛みが伴うことが多く、

 

他の痔と同様に辛い症状があります。

 

 

穴から膿が頻繁に出るので、ズボンや下着を汚してしまうことも多く、

 

また、膿自体が悪臭を発することもあります。

 

痔瘻は、病院にて処置してもらわないとほぼ治らない病気です。

 

また、治療しないでいると、どんどん症状が悪化していき、

 

患部の拡大や、その他の合併症を引き起こす事があります。

 

 

最悪の場合、患部が肥大化、腫瘍化し、癌となってしまうこともあります。

 

 

 

 

・痔瘻ができる原因

 

 

痔瘻は、肛門周辺に細菌が感染することで発症します。

 

主に排泄時に肛門が傷ついたり、肛門小窩という肛門の出口付近に便が残留し、

 

 

体内に細菌が入って炎症を起こします。

 

 

炎症が進むと、肛門内で膿ができ、この膿を体外へ排出するときに

 

肛門に穴(瘻管)が開いてしまいます。

 

 

また、排泄時以外にも、肛門が傷ついたときには

 

細菌に感染し、痔瘻となる可能性は十分にあります。

 

 

痔瘻にならない為には、先ずは、お尻、肛門を清潔にすることが大切です。

 

もしかして、痔かなと思った時は、恥ずかしがらず病院で診察してもらう事が

 

重要なのだと思います。