ジオン注射療法で痔を効果的に治療!

痔の治療にジオン注射療法がありますが、痛いの?

痔の治療法として、比較的新しい治療法にジオン注射療法というものがあります。

 

 

中国で開発された薬、「消痔霊」(硫酸アルミニウムカリウム)を

 

 

改良したもので、2005年から痔の治療に用いられています。

 

 

即効性があり、切除術より患者さんの負担も少ないことから人気の治療法です。

 

 

ジオン注射ってどんなもの?痛いの?痛くないの?

 

従来から、痔の注射療法はおこなわれていました。

 

 

その多くが、患部に薬剤を注入することで硬化、

 

萎縮させるものですが、効果が十分でないというデメリットがありました。

 

 

これらに対し、ジオンはその効果の高さが注目されています。

 

 

ジオン注射は、痛みを感じない内痔核に注射をするので、痛みはありません。

 

 

従って、麻酔は必要ないのですが、ジオン注を投与する前に

 

 

肛門周囲への麻酔を行い、肛門周囲の筋肉を暖め注射しやすくします。

 

 

注射すると患部が炎症を起こして、組織が線維化し、

 

 

やがて硬化、萎縮していくのですが、その間実に28日という驚くべき

 

早さが臨床試験で報告されました。

 

 

ジオン注射療法は、おもに脱肛をともなう内痔核におこなわれます。

 

 

1つの痔核を4か所に分割して注射する「四段階注射法」が一般的です。

 

 

こうすることで薬液を十分に浸透させることができるのです。

 

 

四段階注射法には医師の高い技術が必要な上、

 

ジオンは強力な薬ですので、誤った使い方をすると

 

正常な組織にもダメージを与えてしまいます。

 

 

そのため、ジオン治療ができるのはトレーニングを受けた特定の医師に限られます。

 

 

切除しない治療法ですので、日帰りもしくは1〜2日程度の入院で済みます。

 

 

術後の痛みも気にならない程度です。

 

 

切除術と比べると、患者さんにとってはかなりメリットの大きい治療法といえます。

 

 

ジオン注射療術後の経過と費用は?

 

 

術後は、まず痔核へ流れ込む血液が減り、出血がストップします。

 

 

脱肛も少なくなり、やがて患部が小さくなっていき、

 

術後1ヶ月ほどで周辺組織が元の位置に固定されます。

 

 

これだけの早さで、切除術と同程度の効果があるのは

 

驚異的といわれています。

 

 

ジオン療法には健康保険が適用されます。

 

3割負担で、約11,000円〜20,000円の間が多いようです。

 

 

治療を受けたい方は、ジオン療法をおこなっている病院を

 

探して相談してみましょう。